カテゴリ:未分類( 9 )

源平かずら

c0068653_7242395.jpg

みなさま~~お元気ですか~~ですよね!
いろいろ書きたいことがあるような ないような・・
書ける元気があるときは ほかの事で忙しく 今日のように肩が凝りダラ~ンとしている時は 頭が重いわけで 思考ができず・・・

そろそろ 陶芸の世界へ舞い戻って 折角そろえたモノたちへも ご機嫌伺いも せねば・・・でも そこは 先の見えない世界な訳で スタートするには
大いなる力が必要なので、いまはちょっと呼吸を整えている訳でアリンス!

Youtubeも まだあるのですが・・ちょっと一休み。

で、唐突に 源平かずらの写真などUPし、深海から 自分でも 分けのわからない 書き込みにて ご挨拶代わり・・・。
[PR]
by canaz | 2008-10-08 07:24

ハッピーニューイヤー

c0068653_1836197.jpg

[PR]
by canaz | 2007-01-01 00:00

メリークリスマス

c0068653_5594233.jpg

ちょっと派手すぎですが・・・
[PR]
by canaz | 2006-12-23 05:59

ホント!コメント覧なかったですね。

非表示と間違えてコメント不可、押したようで、悩ましてごめん!
ところで Keiちゃん、本当にトラックバック思い出せないし、コメントが長くなるので ここでお返事です。
さつまいもの値段・・・幾らなんでしょうね、野菜類は日本食料品から比べると 凄く安く感じるので、あまり値段見ないで買ってしまいます。種類もいく種類かあり 味もそれなりに美味しいのですが わたしの知るものとは皮の色が違います。同じと思って買うと 中がオレンジだったり 濃い紫だったり・・・中国人好みなのでしょう。

夏でも涼しいここでは野菜や果物類も、USやもっと遠くから輸入されている物が多いようです。家庭用ならリンゴも栗もできるんですけどね・・・。

いつでも なんでも食べれるけれど そのもの本来の味のものを食べれなくなりました。日本は産地直送なんてあるようですが・・。こちらでもリンゴなどありますが・・・フジリンゴはふじであってフジにあらず・・だったりしますし・・。

今年は庭の片隅にビニールを張ってトマトを育てました。トマトなぜか好きなんです。簡単に塩をふってそのまま。昔食べた味には及びませんでしたが それでも懐かしい味をたのしめました。日本のトマトの産地ではあま~~いトマトがあるようで・・・ふ~~ん プン!です(笑)

貫入の音いいですよ。モットじっくり聞けばよかったです。志野は粘土の色を変えればいいのかもしれませんね。
「志野釉は平津長石を使う」とか書かれていますが、長石はPOTER'S Community訳ではFeldspar・・・だそうですが それを使うようになっていないので微妙に違うのかも^^

青は流れないようなので使いやすいんですが・・。彫り・・そうですね。今は色が出るかどうかの試験中で彫まで手が回りませんが・・・参考にします。

長いでしょ!^^
[PR]
by canaz | 2006-10-18 12:56

スプリング セール ’06

6月12~13日はクラブ員の作品のセールが行われました。クリスマスと春の2回行われ 売上の何パーセントかが クラブの運営費になります。

何人かはプロ,あるいは仕事としている方もいますが ほとんどは趣味の人の集まりです。と言うことで 展示会ではなく 即売会なので 並べかたも賑やかです。

欲しいもの・・は・・・。いつか自分で作りたいとは思いましたが・・

よかったら下のページからどうぞ!
http://risas.myfws.com/spsale06-1.html
[PR]
by canaz | 2006-05-15 13:57

500 BOWLS

一月も半ばを過ぎて 陶芸教室も始まり 土にはそれなりに触れてはいるのですが 相変わらず進歩もなく・・・。ロクロは初心者に戻ったように ガタガタ音高く揺れて 「私には向いていないのでは・・」と思わせる、かなしい音を奏で・・・^^

高い筒に挑戦のKeiちゃんや 2~3分で茶碗がホイの方々や 蓋ものに挑戦中の方々を遠く感じながら ロクロのコツを掴むべく頑張ってはいるのです。

で 唐突に話が変って、先日師よりこんな本を借りてきました。前衛を目指したり、過日のウエーブ陶芸展に出品できそうな「どんぶりもの」が沢山。だけど やはり「どんぶり」ではなく「BOWL」と呼ぶ方が適していそうな作品群、日本人的ではないような・・・。

c0068653_12502644.jpg
c0068653_12504642.jpg
c0068653_1251439.jpg

c0068653_12515941.jpg
c0068653_12531059.jpg
c0068653_12535189.jpg

[PR]
by canaz | 2006-01-23 12:46

Happy new year

c0068653_875699.jpg

[PR]
by canaz | 2005-12-31 18:20

クリスマス セール


先日 陶芸クラブのクリスマスセールがありました。こちらにも一軒 日本の食器やさんがあります。そこでなら 欲しいな~と思うものがあるのですが セールの会場では 上手に出来ていても、欲しいと言うほどのものはありませんでした。

これらはウッドファイアーで焼いたものだそうですが やはりいいですね。
c0068653_7315016.jpg

クラスでは 高台全てが素でザラザラなので、高台間際まで綺麗に釉薬が塗れているかどうか、底ばかり返してみてしまいました。
セールの画像UPしましたので お暇な折に・・・
[PR]
by canaz | 2005-11-30 07:22

お返事あれこれ・・

honeyさん
モントリオールにいらしたんですね。ではここを経由されたのかもしれませんね。

ここグレータバンクバーはモントリオール市に次いで 3番目に大きな都市と言われています・・・・ 。でも 陶芸人口は 多くはないと思います。そもそも陶芸材料のお店は数えるくらい、それも日本から比べたら ちいさな町の陶芸店規模なんですから・・よって知るべし・・^-^

シアトルには大きなお店がありますから・・あちらの方は少しは盛んなのかもしれません。粘土などもそこから入っているのが多いようです。

西洋皿以外の食器の需要は少なく・・日本のお茶碗など最近まで日本の食料店の片隅に埃をかぶって・・・状態でした・・^-^。壷など、アートのようなものは、あるんです・・・。ですから 陶芸が無いわけではなく 作るものが違う・・ということかもしれません。

楽は Takanoさんも言われていましたが 日本の楽をこちら式にアレンジしたようで アメリカン楽といわれるようです。普通 イメージされる楽焼きの渋さ 侘び(本当の意味は解らないけれど//^-^)とは程遠いように思います。

薪で焼くものは ウッドファイヤーと言われますが あな窯?で薪を幾晩も焼くと言うようなものは この辺りでは出来ませんから アーテイストと呼ばれるような人は バンクーバーアイランド島の方に、住んで薪などで焼いているようです。

陶芸するのなら・・やはり日本です。特に笠間がいいですね(笑)

こちらで買われた本 お役に立ちましたか^-^
____________________
茶碗屋さん

夜中まで 窯の冷めるのを待ったり大変ですね。素焼きでは 本焼きと違って オ~ ウワォ~・・と言う 驚き 歓喜の瞬間はないのでしょうね(笑)。

それとも そんな危ないことは もうされないのでしょうか^-^。

私もいつか歓喜の声を上げたいと頑張っていますが^-^クラスの窯は不調が多く 本焼きでハッピーな人は皆無です。わたしは腕のせいなんですが^-^

唐突ですが・・・いつもBlogでわたしは抹茶碗,抹茶ワンを作りたいィ~~と叫んでいますが・・
茶碗やさんのHPで【茶道具、特に抹茶碗には手を出すなと、修業時代師匠に言われていましたが、作陶に携わって二十年を期に一昨年チャレンジしてみました。】に・・・ショウゲキを・・・(笑)

抹茶ワンって 一見クニャクニャ不揃いでしょ^-^ だから簡単に出来そうな気がして・・プロの方には申し訳ないけれど・・深く考えずに言ってます^-^また 知らずに言うかも知れませんので あらかじめ言い訳を(笑)

今日もわたしは器ならぬ 人形つくりに勤しんでいます・・。
[PR]
by canaz | 2005-05-03 12:59