カテゴリ:陶芸もどき( 128 )

クリスマス セール

また、恒例の クリスマス セールが 行われ ボランティアーに借り出されました。年毎に売れ行きが落ちているそうですが、食器文化のない といえそうな この国ではいたし方がないかと・・・

会場も展示会でなく セールなので 食器が雑多に並べられて、これに あの料理を載せて・・なんて気にさせる器もなく・・・。

な~んていっては 出品者に申し訳いんですが、いくら、お料理苦手でも、素敵だろうな~と 思うことくらいは 出来る筈 なのに・・・。

多分 こちらの人のティーストと違うと言うことなんでしょう。とはいえ 知らずに それに 染っている部分もあるのかもしれず、オソロシイ!。

中に かわいいにゃんちゃんがいたので 記念撮影!
c0068653_833354.jpg

なんだか 取り止めがないこと書いていますね^^

こちらも クリスマス シーズン 不景気とはいえ 毎日 雨模様のせいもあり 買い物はともかく モールに出かける人が多いせいか、モールは それなりににぎわっています。
[PR]
by canaz | 2008-12-05 17:00 | 陶芸もどき

ニャンコ


漫画ぽい感じの人物像などを作っている人のデモンストレーションを見に行ってきました。

その講師の作品のひとつ↓

c0068653_8385982.jpg後の作品は 持参されたDVDで見ただけですが 誰かわかるような感じにつくるようです。

作って見せたのは、ねこちゃん。お腹の中は新聞紙が入ってますが・、クレイ一袋使う感じで重そう。通常一袋の大きさは29x13x11CMくらいの大きさで、重さは水分などでどうなるのかわかりませんが・・

c0068653_8391416.jpg

ちょこっと 手を入れただけで 表情が変わったり 手が躍動感を持ったり・・これはアーティストの領域で 素人にはちょっとついてゆけそうにありません。
ネコ専のKEIちゃんならできそうですが^^ 

ところで、日本の粘土には焼成温度の区別があるのでしょうか?あまりそんな話しをしてないようですが・・前も聞いたかな?
こちらでは 低温粘土、中温。高温粘土と区別され 釉薬も区別されてます。下絵具もほとんどが低温向けですが この人形は 高温用の粘土を 低温度で焼いてあるとか・・だから色の反映が良い。が、水に弱いとか・・よく聞き取れないまま シャイな私は帰ってきたのですが・・・
[PR]
by canaz | 2008-10-26 08:47 | 陶芸もどき

なんとなく丸

c0068653_1430411.jpg

丸い風船があったので なんとなく粘土を貼り付け,化粧土を 塗りたくったという感じに塗りました。世界地図の図柄でも描けるといいな~と思ったのですが そんな絵心もなく、中に粘土の粒を入れたら音がするかも、といくつか入れてみたのですが、素焼きの時点ではそれなりの音がしたのですが 焼成した後、音が鈍くなってしまいました。

大きさは両手に入るくらい・・・上に小さな穴でも開けたら一輪挿しになったかも・・・
[PR]
by canaz | 2008-10-21 14:50 | 陶芸もどき

c0068653_14492893.jpg

[PR]
by canaz | 2008-10-21 14:49 | 陶芸もどき

貝殻

c0068653_14245861.jpg


残った粘土でなんとなく、貝殻をかたどって・・・
[PR]
by canaz | 2008-10-21 14:26 | 陶芸もどき

整理をかねて

その辺に残っていたものを 焼いてみました。長い間に乾いてしまった釉薬に水を加えたり、と、なんともいい加減な色づけですが 「どうせ・・」という呪縛から解放されず、それでも 何かせずには・・・などという強迫観念に・・・・

というほどでもなく・・・単に・・そういうわけで 少ない釉薬のバケツに浸しても まっすぐなラインで色分けできないし 青も汚いし・・と言いたかっただけなんだけど^^

c0068653_14132879.jpg
粘土も再生粘土で色違いとか いい加減なんですが 重なるんですよね、これ、ただし、一定の方向でないと駄目なんですけどね^^
c0068653_1442942.jpg

[PR]
by canaz | 2008-10-21 14:04 | 陶芸もどき

カエルの昼寝?

今日も雨、春やいずこなり・・・

さて わたしの陶芸道は・・というと 知人のガーデンで見たプラスチック製のハンモックに横たわる蛙のおじさん、とってもキュート!で コピーを試みた。

が・・・・が、が、・・・・・・なんだ これは! ハンモックもどきを先に作って 顔を置いてしまったから、 後の余裕がなく 顔ばかり大きい。それに、カエルのトレードマークのお腹もへこんだままでメタボ・・・が 平均以下じゃないか^^お腹の粘土を載せては重量が・・・で仕方がなくスカートをはかせたが・・ 目もこれはないでしょ!と、我ながら思う出来!c0068653_348383.jpg
だって~ カエルなんて気持ち悪くて まともに見たことないし・・・というわけで、へんてこなものになってしまった。 まぁ 前衛系のわたしとしては 実物の模写ではなくアートと言うことで・・。

色をつけたら もっと変になるはず・・・とは外野の言い分なり・・・それに 反撃でききないのが いと哀し・・・。 
[PR]
by canaz | 2008-05-04 03:43 | 陶芸もどき

今日は弱気

いつものことだけど 今日は弱気満杯、って変な言い方だけど、そんな心境。なぜかって、新しい粘土を使ってロクロを回したのに・・・砲丸が中々センターへ来なくなっちゃった。いままで 毎回ではないにしても、どうにか来ていたのに・・どうなっちゃったの?

再生粘土だから センターに来にくい、と言う言い訳ができないジャン!

砲丸を押しながら「あ~そうだ逆方向に押さなきゃ~」 「そうだ、8時の位置なんだ~」「あ~腕が固定してない~」「あ~スタート時点に立つ気もないのに、DVDなんか見て、自分の道を惑わされてる・・」、とか「タタラなどで上手な物を作る人をさして「ロクロは上手じゃない!」、とか言うのも聞いたし「自分はきっとロクロと相性が悪いのかも」、とか・・・

雑念が頭に渦巻き ますます砲丸がガタガタして

・・・で、我にかえる・・。

う~~ん 時々上手く行くから 諦めきれないじゃない~~、嫌いなら嫌いと態度をはっきりしてよ!な~んて 恋の話みたいだけれど ロクロさまは じらすのがお上手・・・って 本当は嫌ってる?わたしが感じないだけ?

朝の雨空はうその様に 太陽が顔を出してくれたのに PCの前でグダグダ フザケテイル場合じゃないワン!ちょっとガーデンでもチエックしてこようっと!
[PR]
by canaz | 2008-02-29 05:17 | 陶芸もどき

再生粘土

腕の問題も菊練の下手さも あるのだろうが、再生粘土はロクロで上手く挽けないし、タタラでお皿を作っても ゆがみが出るし、で、これなら ゆがみもまた乙かと・・勝手に注釈をつけて作った。
c0068653_1337142.jpg
こういうものを作っていると 飽きずにたのしいのだが・・その楽しさも、色に考えが及ぶと 気分がスト~ンと落ちる。

柄があるが 見えないな~~
[PR]
by canaz | 2008-02-26 13:45 | 陶芸もどき

デモンストレーション

先日、メンバーの一人のデモンストレーションを見てきた。
そのうちのひとつは 写真のドーナツ部分の作り方。まだ 砲丸をセンターへ置くのに戸惑っている者には・・・相変わらず 縁遠いものではある。が・・デモとはそういうものなのだろう^^ 
c0068653_592494.jpg

これはティポットらしいが・・・どう洗うのかが心配^^
日本で言う綾部とでもいうのか・ 綺麗な色が出ていて飾るにはいいかも・・・。
[PR]
by canaz | 2008-02-24 05:09 | 陶芸もどき