カテゴリ:四季に寄せて( 15 )

春・・・

春 春 とは名ばかり 肌寒い日が続いていたが ようやく 暖かい日が続き、街ち行く人も もう 一足飛びに真夏の風情、そういえば、テレビの「ガッテン・・!」でプロテインは体を暖かくする、とか、言っていたが 肉食の多い白人は 寒さ知らずなのかもしれぬ・・?

相変わらず 粘土の方はご無沙汰。庭のつつじや藤の花が盛りを過ぎて、夏の花への植え替えに勤しんでいた。

暑いさなか お金と労力を使って 庭を花盛りにしても・・どうなんだろう?こんなことをするより この時間 テレビでも見てリラックスしてた方が 利口ではないのか・・と思わぬでもなく・・・。

でも こんな風に咲くと・・
c0068653_13193345.jpg
と言っても 終わってしまったチューリップの写真だけだけど・・。
[PR]
by canaz | 2008-05-25 13:20 | 四季に寄せて

花に嵐

日本では花前線も北上したようだ・・・。

こちらは 今日はどうにか晴れていたが ず~と花に嵐の言葉通りの日々が続いていた。いつも通る街路樹の桜も暗い空の元で 薄ぼんやりかすんで見えた。

春を!貼る!といってみても 今日の空は 写真にしてここへ貼るほど 青くはなく、庭のチューリップも水仙もまだつぼみが多い。で 花と言えるのか こんなグランドカバーの花が咲いていたので・・。
c0068653_5172223.jpg
c0068653_5183090.jpg

[PR]
by canaz | 2008-04-13 05:17 | 四季に寄せて

ただ なんとなく 書いてみる。

今日も晴天。いよいよ春ですね。春の花 クロウカスが あちこちの庭で咲いている。我が家のものは クロウカスとは違う種類なのか 早くに咲いて もう終わりに近い。増えるのが早く 土を動かすたびに 庭のあちこちに広がって バケツに1杯も球根を捨てた。だが まだ あちこちから出てきてしまう。花は可憐で この後、もう一度白い花を咲かせ その花も可憐で 球根を捨てたことを悔いたりするが 葉が長く広がり邪魔になるので つい・・・。
c0068653_14481586.jpg
かわいい花のために 葉が栄養を取っているのだとは思うが・・・

今年から 夏時間への変更時期が 早まって 今週末には 夏時間になるようだ。

地球の回り方が違うわけではないから 単に時間に左右されるだけのことだけど・・・。

春の晴天の日は大型スーパーへの道から 残雪を残した山並みがきれいに見える。そこも近い将来 アパートなどができて この景観ともお別れかもしれないが・・

最近、スーパーでは、野菜の産地が気になったりして 店員さんの持つケースなど注目してしまうが 見た限りでは、メキシコ、カルフォルニアだった。

まだ、ここでは産地を記入するようなルールはないし、まぁ みんなが食べれば 怖くない・・ではあるが それに、わたしの怖いというか 先入観は ほら、例の 違うことだから・・・、

で、日本の餃子事件は 日本の言う「こちらで混入したとは言えない」と同じことを、C国も主張していたようで、さもありなん と妙に納得・・・、だって・・・・強いんだもん!
[PR]
by canaz | 2008-03-07 14:38 | 四季に寄せて

庭の秋・・・


久々の秋晴れ!
c0068653_7492672.jpg

[PR]
by canaz | 2007-10-29 20:23 | 四季に寄せて

源平かずら

何回もだめにした苗 今年は咲いた。
c0068653_822679.jpg

[PR]
by canaz | 2007-10-28 03:29 | 四季に寄せて

葡萄とラクーン

takano家のお嬢ちゃまは葡萄がお好きとか お近くならお届けしたのに!c0068653_5365043.jpg

でも 我が家のグリーンのものは とっても甘い種類だけれど、日当たりが悪いせいか 見掛けが悪く 人様には上げにくい。で 多くはラクーンたちのお腹に納まった模様。というのは先日なにやら我が家の吼えないワンちゃんが か細い声で牽制する声がしたので 外を見ると ぶどう棚の上に次から次と可愛い目を向けるラークーンちゃんが5匹も・・・光を当てても恐れる風もなく のこのこ退散していきました。ラクーンが来るから、とっても田舎みたいですが・・・違うんです,念のため!c0068653_5373237.jpg


で、残っているのは、この青(紫)のもの。甘酸っぱくておいしいのですが、 タネがあるから お子ちゃま向きではないかも。これも 近所へ配り、後は5匹のラクーンちゃんのお腹へ・・・かも・・。
c0068653_5375795.jpg
[PR]
by canaz | 2005-09-27 05:40 | 四季に寄せて

ひっそりと・・・

久しぶりに・・・更新。

陶芸には関係なく数週間が過ぎ 粘土の感触も忘れそう。自宅に粘土が無いわけではないが 何故か触る気にもなれない。クラスを受講すれば「やらなきゃ・・」と思えるのかも・・と楽観はしているけれど もし このまま階段をすべり落ち のぼる気になれなかったらどうしよう・・と言う危惧もあったりする。

蛙の句で「やせ蛙負けるな一茶これにあり」ではなく 柳に飛びつく姿を詠った句が あったような気がするが・・ウ~ン思い出せない。要は弱虫蛙は いつになっても揺れる柳に飛びつけそうに無く、挫折するのでは・・・と言いたい訳で・・・・。蛙さんは少々お疲れなのです。
c0068653_11424890.jpg
話し変わって バラの花束の陰でひっそりと引き立て役を務めるベビーブレス。目立たないけれど 無くてはならない そんな気がする この花が結構好きなのだ。

わたしのBlogも そんな風にひっそりと・・・などとこじつけてみる。ただし「必要」は差し引くが・・・。

その ベビーブレス 初めて冬を越し 庭に根付いたようだ。何回根を買ったことだろう。それにしても 縦に伸びず 横に広がってしまうのは何故だろう。種類が違うのだろうか。
[PR]
by canaz | 2005-08-17 11:45 | 四季に寄せて

暑中お見舞い・・・

c0068653_1654254.jpg

[PR]
by canaz | 2005-07-02 16:09 | 四季に寄せて

躑躅が枯れぬうち・・


盆栽は毎日挟みでパチパチ枝を切り込む、と言われるらしいが そんな趣味はなく、なんとなく植え なんとなく剪定・・・それでも幹も太くなり毎年見事に花を咲かせる。

こちらでは幹がヘナヘナなものでも「盆栽」と呼ばれ、高い価格で売られているが それと比べたら格段の貫禄が・・・・と自分では思う。c0068653_7252314.jpg

この植木の鉢、こちらで買えば結構なお値段なので、外の幾つかの躑躅は ちょっとした鉢に植えてある。で・・・考えたのだが、この鉢って陶芸で出来るのでは・・・。

外に置く大きな花壷など この鉢と同じ材質で出来ている。ならば 出来ないことは無い筈。高価なのは、この形の需要が少ないからだろう。

話は飛ぶが、需要が多いということは 競争もあり だから工夫された品物が作られる。日本の製品は 何を見ても創意工夫が感じられる・・・と離れて初めて知る日本のよさ・・。例えば菓子袋が中々開けられぬ時など「日本のものなら絶対に切り口があるはず・・」と・・・。些細なことに日本を偲ぶ・・・

写真の鉢は頂きももので日本からの輸入品なり。

だが、しかし・・・タタラで作るにしても、作る技術を磨かなければ・・・と言いながら 今日も作るのはお人形だったりする・・。

雨・・・雨・・・・傘をささずにも済む霧雨が,枝を濡らしている・・・
[PR]
by canaz | 2005-05-16 07:28 | 四季に寄せて

水芭蕉の写真を見て・・


そういえばあるパークで見た覚えがある で 見に行った。でも まだ咲いていなかった。多分これ 水芭蕉だと思うんだけれど・・。
c0068653_14511571.jpg
水芭蕉といえば尾瀬などで見た筈なのに そこにあるのが水芭蕉と信じていただけで 手に取ったり、しみじみと見たわけではなく 確信が持てない。あの頃は 若く 花よりも 団子ならぬ もっとキューんとするものに気が散っていた(笑)。

c0068653_14514767.jpgそれに とにかく、ここのものは土筆も 杉名?も蕗も大きい。水芭蕉と思えるものの葉の長さは1M幅が30CMくらいあった。だから花が咲いていなかったすると 違う種類かな・・・と・・。
c0068653_14521853.jpg
名も知らぬ花いろいろ・・
c0068653_14574873.jpg
c0068653_1458479.jpg



帰りにコリアンストアーへ。日本製品または 日本風に作られた商品が多く 日本食料品店より品数も多い。だけど 最近の反日デモなどから 中 韓のお店に行くのは、なんとなく複雑な気持ち。特別ドウコウは無いんだけれど・・・・。

[PR]
by canaz | 2005-05-12 14:58 | 四季に寄せて